旅は道連れ世は・・・

2007年06月04日

img3641.jpg

あっ!無性に又行きたくなった。この季節、この気候。
毎年この時期になると、どこかに行きたくなる。波を求めてなんてカッコいいのは、恥ずかしいからやめるとして、とにかく出かけたくなるのである。ソレもどういう訳だか知らないが、北上したがる虫がわいてくるのだ。私の持論にサーファーが、どこか行ってみたい病には、二つの種類があって、南派と北派に分かれる。南派はやたらと島、アイランド好きであり、北派は、大陸好きである(あくまで私の持論ですよ)。私はどーも北派のようで、島の湿気のある重たい空気が苦手、大陸のちょードライな軽い空気が肌に合うようです。

img3611.jpg

img3661.jpg

な?んて根拠もない学術的な表現を使いましたが、要するに、ドライブ好きなだけなんですけどね。(ドライブはやっぱり大陸だーっ)写真は、94 年の今頃の季節。サンタクルーズに向けて1号線をひたすら北上中の私と、親友のコーベこと山内。ロサンジェルスのエアポートでレンタカーをゲットし、友人とのブランチもそそくさと、近況報告を済ませると、直ぐさまハイウエーに戻り、今回の目的地サンタクルーズに向かって車を飛ばす。途中サンタバーバラを過ぎたあたりから、この季節、ハイウエー脇の土手には花が咲き乱れ、気分最高!快調にクルージングを続ける。こんなとき私は、自身のミュージックチョイスをしない、音源はもっぱら地元ローカルラジオのDJ まかせである、その方が土地柄が感じ取れて楽しさ倍増。LAのサンターナフリーウエーで聞くサンタナはバッチリだし、サンフランシスコ近くでラジオから流れて来る、デッドもこれ又どんぴしゃり、その場の雰囲気を大切にしてまーす。

img3651.jpg

img3621.jpg

お宿にしても、連休でもない限りは、あらかじめの予約はとらない、もちろん食事も出たとこ勝負である。事前調査もしない飛び込みは大失敗もあるが、話のネタには困らない。以前このルートで北上した吉川祐二が、サンルイスオビツポで入った、中華料理屋のとてつもないまずさを(笑)私に自慢気に話をしてたのを思い出した。
こうした旅にリスクはつきものだが、旅先でのハプニングや、人の出会いこそがサーフトリップの醍醐味である


旅に出てくなった人もクリック!!

banner_02.gif  surfing80_15.gif



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/158

コメント

投稿者 こうべ : 2007年06月04日 18:33

出川さん、こんばんは。
今、Sgt,Pepper's聴きながらKOOKs読んでます。月日の経つのは速いもので、この旅ももう13年前ですね、寝るのも忘れて動きまわりましたね。Sgt,Pepper'sも一昨日で40周年です。ポールも今年で64歳です。Sgt,Pepper'sのなかでWhen I'm 64 を歌っていますが、まさに64歳になっちゃいました。早いですね~。
また、波乗りして遊びましょう。

投稿者 でがわ : 2007年06月04日 19:08

こーべ様、この時の写真みてたら、コンバースが無性に欲しくなり、ゲットしてしまいました。ビートルズもこのアルバムは音を作り込んだ匂いがありますね。ミックも2000光年の彼方なんかやったし、対局にビーチボーイズもいたね、皆内に向かっていた感じ、サーフィンもね。

投稿者 SEIITIRO NALAMURA : 2007年06月04日 22:48

京都議定書とかフロンガスのオゾン層の破壊とか。iQゼロのやからには理解出来ないとは思うけどドレホドクラークの助けられてキンスを手にいれることが出来た5とおもってルカは知らぬレド、バカとか日銭を得られればイイのかって恥を知れっうのバカが死ねっうの。

投稿者 いしぐろ : 2007年06月04日 23:01

出川さん、こんばんわ!

J.J.Monksのfarewell party(2006年9月26日)で出川さんと立ち話をした時の事です。出川さんは僕に「カリフオルニアなら、君は北と南のどっちが好き?」って質問されましたよね。僕が「南のSan Diegoなんて憧れます。」と言うと”君は知らないね”って感じで微笑み、「僕は北だね。」と言いながらその場を去って行ったのを思い出しました。・・・出川さんは北派の中の北派に分類?難しい!

それにしても、数知れないスナップの中からがチョイスされたJack Purcellが気になります。Jack Purcellは今年で72歳、その特徴ある爪先の「スマイル」とヒールラベルの「ヒゲ」も健在。シンプル・イズ・ベストはライフスタイルに関係しているんでしょう、「旅は道連れ世はJack Purcell?」納得!

中華なら、断然テークアウト!付いてくるホット・アンド・サワー・スープ(酸辣湯)が美味しいです。

明日は事件ですか?違いの分かる男になりたい!

今日も、ありがとうございました。

投稿者 でがわ : 2007年06月05日 19:58

NARAMURA 様
京都議定書、かんじんお膝元のメリケンが入ってないてどーなってんの。

投稿者 でがわ : 2007年06月07日 07:49

石黒様、ジャックパーセルも昔の無骨さが無くなっちゃった。紐もチャッチイクすぐに切れちゃいそうで残念!バンズもしかり、ソールがフニャフニャ、すぐやれちゃう。ごついのが時が経ってやれてくるのがKOOL なのにこちらも残念!ちっちゃいことに拘る、大きな気持ち?大切に(笑)

投稿者 いしぐろ : 2007年06月12日 00:11

出川さん、こんばんわ!

ご無沙汰しております。

ジャックパーセルもコンバースも基本的にはワイズが狭く出来ています。ガンガン履いても、お洒落でキレイに足元を見せるにはワンサイズ上げて履かれることをお薦めします。

バンズも今ではワイズの狭いABCマート(ITCの企画モノ)のモノとアメリカ企画の幅広いモノの二種類に分かれます。残念なことに昔懐かしいラバーソールのネチャネチャ、ベタベタ感は共にありませんがオーソドックスにしてヘビーに履かれるのであれば、アメリカ企画モノの方が味があって良いと思います。

コンバースの’07秋冬のテーマはNew York。

八月に発売予定の米ドル紙幣をモチーフしたモノは僕の超お薦め(どなた様にも)です。米ドル紙幣をモチーフしたスニーカーには、その昔アディダスから、そして最近ではプーマからの限定モン(上野のあるミタ・スニーカーとのコラボ)があります。
今では共に付加価値が付いていますので、今度は是非ともワンサイズ上げた米ドル紙幣柄のコンバースを試されては如何でしょうか?
コンバースのソールはゴム、ニューバランスの様にソールが撥水しないので忘れた頃に登場させると逆に旬で、より個人的に楽しめる事も出来ます。
また、単色で発売予定のdark yellowは僕の70年代的なイメージに近い深みのあるツヤ消しされた熟れたマンゴー色。風合いのある501(赤耳/前期)のカットオフにチューブ・ソックスを合わせることで今日存在しない、freeな新鮮さと渋い装いが約束されると思います。

It's KOOKs revolution!

いつも感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございました!

ps.
ナルー59号のインタビュー、読みましたぁ!
感銘しましたので蛍光ペンで要点を纏めて自分なりに勉強したいと思います。