メインランド メキシコ

2007年05月16日

83年の冬に訪れたカリフォルニアは、ダナポイントに居ても寒い日が続いた。
いつもだったら、朝晩は冷え込むものの、日中は持ち前の、バカ明るい太陽がまぶしいのだが・・・
このときは雨も多く、ナーンだ、南カリフォルニアは雨が降らない、なんて歌があったけど、嘘じゃないか。落ち込む小生に、それじゃーメキシコへ行こうよと、誘ってくれたサーフィンで知り合った、友達のケントとリチャード。
ケントは木工で家具を作っている、神経質なベジタリアンの職人だ。一方大胆で行動力の固まりのような男リチャードは、メキシコ本土に魅せられ、コテージの開発をしているなかなかやり手、まっ、この手の男が居ないと、知らない場所に深く入り込む事は、不可能だからね。
二つ返事でOKを発したのは言うまでもなく、早速今回のツアーボス、リチャードの説明が始まる。
人が少ない、波はある、タコスが上手い、セニョリータが可愛いなどなど、甘い言葉にすっかり有頂天の小生に、サソリやタランチュラ、などの大切な講義は上の空。直ぐさま、必要な物を揃えるべく、キャンプ用品がガッツリ揃う、レイのショップに車を走らせるのだった。

この手の買い物は男性諸君にとってたまらない快楽(興味のない人には”へ”みたいなものだけど)。まだこの頃我が祖国にはこの手の物資は乏しく、やっぱアメリカすげー!とばかり、佐川急便のターミナルのような広さの売り場に、浮かれた気持ちを抑えるのが大変だった(寝袋イッチョ買いに来ただけなのにね)。余談だが、この寝袋日本まで持ち帰り、大事に大事に臭くなっても使っていたのに、飼い猫のおしっこで終わってしまった。トホホ

それから3日後、手配された航空券とサーフボード、そしてレイのアウトドアーショップで揃えた、お泊まりセットを持って、メキシコとの国境の街サンディエゴへ向かい、いざ出発♪

img30311.jpg
我々御一行さまは、サンディエゴのパーキングに車をすて、トローリー(路面電車 江の電よりかっこ良い)にて、ボーダーのあるティワナへと向かい、歩いて国境を無事に渡る。サーフボードと背中にしこたま積まれた、バックパック、すっかり気分が盛り上がってきた。タクシーをひろい一路空港まで、ここはもうメキシコである、ボーダーを超えただけで、異質の文化が存在する驚きは、島国に生まれ育った人間にはショックだった。

img30211.jpg
月夜に照らし出された、バハ半島を眼下に、たまらない感傷がこみ上げてきた。小生はここで何をしているのか、眠気に負けるまでの間、自問自答が始まったが、答えが出なかった(すぐに寝てしまった 笑)。現地に着いたのが夜中、早朝目が覚めたらこんな感じでした!

img30511.jpg
美味いトルティーヤの素がこれだ。

img30411.jpg
AMGも真っ青なロコの足。

img30611.jpg

img30711.jpg
世界中どこでも子供は一緒。屈託のない笑い声がたえない。


メキシコに興味が出てきた人はクリック!!

banner_02.gif  surfing80_15.gif



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/130

コメント

投稿者 マーボー : 2007年05月16日 09:41

国境のゲート懐かしい!
San Miguelでサーフキャンプしたのを思い出しました。サンディエゴ生活最高だったな。

投稿者 いしぐろ : 2007年05月17日 00:22

出川さん、こんばんわ!

今日のメキシコのお話、とっても面白かつたです。その行程と散り葉まれたエピソードが明らかに楽しい世界を教えて頂けて、ご機嫌な世界です。

飛脚の佐川さんが登場したり、Big Wednesdayで登場した淋しげな表情を見せるセニョリータが佇むその町は夜中は狂乱の世界、そして迎える朝は一転して静かな寂れた町。その昔のティワナと思えて来たり・・・

お話の中身は全く未知の世界であって、話を聞かない限り知り得ない。また、お写真も出川さんが脳裏に収めたものばかりで、目にも脳にも勉強になりました。でも、せっかくの大事にされていた寝袋!残念ですね。猫のオシッコってツゥ~ンとした酸味があって、少し指に付いてだけでも強烈な臭いがするので、猫科パーフュームとでも言った方がいいのでしょうか。

今日も、どうもありがとうございました。

明日も楽しみです!

投稿者 でがわ : 2007年05月17日 07:27

マーボー、そう言えばサンディエゴにしばらく居たよね。あそこの街も個性があって楽しいよね、ラホヤもPBもOB、遊びに行きたいな?。

投稿者 osa : 2007年05月17日 17:45

メキシコのお話楽しいです。
この時代にメキシコにいってたなんて。

それにしても最後のボードの写真!
ボードの形も凄いですが、あのフィンは、Vフィン??なんていうんですか?
フィンにはこんな可能性もあったんですねえ。
乗り味は?

投稿者 次郎 : 2007年05月18日 15:03

マーボー様、久しぶりです。OSA様、初めまして、このフィンはバタフライフィンと言いまして、Dale Velzyがノーズライディングをし易いように開発したフィンです。私も使ったことがありますが私には良くありませんでしたね。試したいのでしたら、ノーブランドに預けておきます。

投稿者 osa : 2007年05月19日 14:33

次郎様 
ありがとうございます。
バタフライフィンですか~。
しかもベルジーとは。

そしてこの写真をもっと見ると不思議なところがいっぱい。
このロッカーの無い板。
そしてパワーコードの素材はなんだろう?とか。

昔を知らない私にとって興味がつきません。

フィン。
腕、というか足の無い私が乗って分るはずがないです。
ご好意感謝します。

しかも私、三重県のド田舎におります^^

投稿者 次郎 : 2007年05月21日 19:11

OSA様、三重ですか?シングルフィンのロングにならすぐに付けられます。出川さんかノーブランドに連絡して私のアドレスを聞いてメールしてくだされば、フィン送ります。試して良ければ差し上げます。感想聞かせてください。出川さんいいですよね?FIN EXCHANGE NETWORK完成です。

投稿者 でがわ : 2007年05月21日 20:34

次郎様、結構な事です、もし興味が有れば、フィンためしてみれば。

投稿者 : 2007年05月21日 21:13

えええ(゜o゜)

そんなにまで言っていただけたら・・・・・
悩みます・・・・

いいのでしょうか?

では、よろしくお願いします
大事に使ってお返しさせていただきます。

投稿者 osa : 2007年05月21日 21:14

えええ(゜o゜)

そんなにまで言っていただけたら・・・・・
悩みます・・・・

いいのでしょうか?

では、よろしくお願いします
大事に使ってお返しさせていただきます。