37年前

2007年09月27日

111img017.jpg
37年前の大会レポート
皆さんこの方どなただかわかってるのかな?
プロダクションボードでサーフィンを始めた人も、大陸産のお安い入門ボードでサーフィンをかじった人も、そろそろお勉強なさった方がよろしいかと。”温故知新”なにっ!なかなか良い教科書ありませんて。そうですね日本語はほとんどだめですね、強いて言えば US サーファーズジャーナル。この際頑張って英語で読んでみませんか。http://www.surfersjournal.com/surfer/SFNT.html


昨日、つづき1970年デュユークカハナモクのコンテストレポートです(古すぎですか 笑)
写真の優勝者ジェフ・ハックマンですが、またの名をミスターサンセットと言われ、このビーチでは彼の右に出る者はいないと言われたくらいです。深ーいボトムターンからスピードの効いたダウンザラインで、壁をぶっ飛ぶ!レールワークは当時一斉を風靡し、もちろん小生も尊敬と憧れを持って、この時も拝見してました。


2位に付けたOZのピーター・デュローインも、デカいのに乗ってましたが、彼のなめるようなダウンザラインの前には、歯が立たなかった。ナット・ヤングもアグレッシブに攻めていて(サンセットで攻めるってヤバい事です)最高得点をマークしたが、インターフェアーで届きませんでした。このジャッジにはナット・ヤングも納得がいかず最後までもめて、表彰式のコールでも不満をあらわにしてました。いずれにしても、今日のサーフィンコンテストとは、おもむきの違った個性のぶつかり合い。すなわちスタイルの主張がすべてであった。


写真のジェフ・ハックマン。商品のボールにうれしそう、それもそのはず、この角度だと見えないけど中は、現ナマ!がびっしり。ロコのガキがうらやましそうにのぞいている。


1970年に生まれていなかった人もクリックよろしく!!

banner_02.gif  surfing80_15.gif



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/304