1ドル、360円!!

2007年02月21日

70?71年ハワイ。

img1201.jpg

なんとも、懐かしい写真が出てきました。
始めてハワイへ行ったのが、確か70年の12月
当時はまだ、成田空港ではなく、羽田からの出発でした。パスポートを取るのも大変。銀行の残高証明を持って来いなどと、御上の高飛車な制度が強く残っていたし、持ち出し金額の上限も定められていた時代。残高証明は、一時的に親から借りた金で口座を開き、残高証明をもらった後で、返すスタンダードな方法で解決。持ち出し金の上限については、悩む事はなかったけど(笑)。今は大変便利な時代プラスチックカードがあればいつでもどこでも、飯は食えるし、レンタカーだって問題ない。むしろ現金の方が疑われる時代である。
常夏の島で現金持ち歩くのって大変です。まして我々サーファーはどこへ行くのも、Tーシャツにトランクス(セカンドバックは普通持たない)では、厚くない財布の入れ場すらない。サーフィンするときは車のマットの下に隠したり、シートの隙間に挟んでみたり、ビーチタオルでカモフラージュしてみたものの、結局、盗人様にしてみれば、ちょろい仕事。今の様に、車に近づけば、けたたましいアラームで脅かすでもなく、無防備状態の車は、幾度となく三角窓をこじ開けられた。

写真のブルーバードは、この頃のレンタカーの定番。安くて、壊れなくて、ガス食わなくてと、三拍子そろっていた。まだ日産が元気ある頃のフラッグシップカーで、海外ではDUTSUNのエンブレムが付けられ、国内バージョンとは違うデカイ排気量のエンジンを積んでいた。(何CCでしたっけ)これが、異国の空の下、ノースショアーから、パイナップル畑を通る帰り道、なんとも頼れる存在だったのです。

img1211.jpg

この時のサーフメイトが、ドジ井坂川井幹夫。スポンサーなしのハワイ滞在。為替のレートが1ドル360円だから、カツ丼が、一杯1500円!怪しい宿を転々としながらの、ハワイ滞在は今振り返ると笑えるけど・・・。
ルーフキャリヤーアロハのスプリングタイプのやつ。これがハードでタフで積んだボードまで、締め付けてしまう、とんでもないものだからボードを積む時になると、ボードを積む順番で小さな戦いがあった(笑)。

↓ハワイトリップに行っても行かなくても、こちらをクリック!
banner_02.gifsurfing80_15.gif



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/31

コメント

投稿者 石黒 : 2007年02月21日 09:09

出川さん、おはようございます!

感慨無量です!

70年、僕は10歳で父親の仕事の関係でオーストラリアはシドニーにいました。

この頃って、全てにおいても憧れ度が高いから気分はいつもハイって感じですね。

しっかり、じっくり、恐らく十回は読み返すと思います。もう二回読みました。

投稿者 石黒広作 : 2007年02月21日 12:42

僕も知りたいのでブルーバードについて調べてみました。

この型は1967-1972年に販売された三代目のP510型、ブルーバード史上最大のヒット作でもあると共に、北米市場でも初めてヒットした車です。
排気量は日本国内は1770ccと分かりましたが海外に関してはリサーチしていません。バクバクとガソリンを使う時代だったから2000ccぐらいはあったのではないでしょうか・・・
そうそう、これのピックアップで小窓があるも雰囲気がありましたね。
To be honest!
Proper spelling,DATSUN.


投稿者 石黒広作 : 2007年02月22日 00:02

出川さん、こんばんは!

寝る前にもう一度、復習です。
写真を見れば見るほど吸い込まれるのは何でだろう?と書き込みながらまた見る、見た。そして、また見る。コレですよね。

一枚目の写真で右上の端にいる男の子が何気に座るドラム缶がaround airportって感じで雰囲気ありですね。そして、手前に見える板の積み方なんかジム・フイリップ先生が描いた波に見惚れたのんきなオヤジが運転するフォードに詰まれた板(原作版)に(長さは違えど)瓜二つなんですね、コレが。

二枚目の写真はワイキキにあるエレベーターの上り下りが遅いRoyal Hawaiianの前の通路ですよね。出川さんの完璧なまでに決めたカメラ視線に対して後方のミッキーさんは何とも可愛らしい(大変、スイマセン!です。)スマイルとでも言いましようか。僕のミッキーさんのイメージはMarlboro Manの頃のままです、で良いのです。確か写真の七、八年後だと思いますが池袋の豊島公会堂でStone breakを見ました。内容?記憶にありません。

当時のサーファーは時を超えても普遍的なオーラを放つタイム・トラベラーであり、偉大な先輩方だと僕は思います。

ありがとうございました。

投稿者 でがわ : 2007年02月22日 07:26

後ろは、川井じゃなくて、ドジです。

投稿者 石黒広作 : 2007年02月22日 12:59

出川さん、大変申し訳ございませんでした。
今後は気をつけてお写真を見てコメントさせて頂きたいと思います。
ミッキーさんとドジさん(面識はありませんが)、大変失礼致しました。

投稿者 マリヤゴンザレス : 2007年02月22日 14:38

いや?、出川さん最高!
今度、私の恥ずかしい写真差し上げます。
のコーナーを展開していただけると、
マニヤとしては嬉しいです。
ところで、麗ちゃんは元気ですか?

投稿者 degawa : 2007年02月22日 20:46

マリアゴンザレス、セニョリータ!セニョリータ!アミーゴ、アミーゴ、アディオス、アディオス!!!!子供生まれたよ。