もっと、早くやってれば良かった!

2017年02月03日

遅ればせながら、 サーフィンにハマってしまった人が、共通して、発する言葉が、”もっと早くやってれば良かった”、だ。
心境、お察しします。
要するに、もー戻らない時間への、このやろ~てー、事だと思う。(ふつう時間は戻せないから)もーちょっと早く、もーちょっと若い時に、もーちょっと時間があったときに、やってれば、もっと、もっと、もっと、うまくターンが出来たんじゃーないか、スムーズに乗れたのでは、バッチーンきまったのでは、という、後悔にも似た嘆きや、叫び(ちと、オーバーかな)が聞こえてくる。

サーフィンの魅力に、今、気付いちゃったものの、自分の置かれた社会的ポジションの拘束やら、家長として立場の我慢だったり、毎日とまでは言わなくとも、せめて週一ぐらいは・・・の葛藤が目に浮かぶ。

今更、すべてを、ほっぽり出してサーフィンする訳にもいかず、あ~~~~バッキャローーーー!。

youさん見ながら、一人妄想(イメージトレーニングともいう)。そして気になる友人や、界隈の行動を(今日は、あいつ、海に行ってねーだろーな)SNSにて監視。
反対に、上手に、縛りから抜け出せたら、”良い波だったよっ~人が居なくて”!おもっきり、楽しめた!
マイワールドの、至福な瞬間の事後報告だったり、と・・・
サーフィンそのものはもとより、取り巻く環境、取り巻く人々の生態系は真にバラエティーで、傍観していると、楽しく微笑ましくも感じるのだ。

もちろん、物事には正反対が存在する。
若かれし頃、社会性を学ぶ事を避け、世間一般の常識を身につける事が出来ず、汗水ながし、田畑を耕し糧を生む事に精進しなかったばかりに、ひもじい想いをし、太陽が上がれば、波の有る無しに関わらず、毎日、海での非生産的行為にいそしみ、世間の冷たい視線を浴び、御法度扱いの街道まっしぐらに突き進む人も知ってはいるが・・・笑。

時代も変わり、世界のヒーローともなれば、この普遍の楽しみを思う存分に、味わう事が出きるが、それは、ごく少数、才能豊かなものに限られる。
ましてや社会的、重要ポストの担い手なら、ちょいとサーフィンしてきまーす、なんて、言えないだろうしね。
さりとて、ライフスタイル気分にひたり、緩くやってれば、それなりの、評価しか、もらえないし、どのみち、サーフィンを知ってしまったばかりに、つきまとわれる葛藤に、”サーフィン、ちっとも癒されないじゃん”、と、雑誌のコピーを真に受けて、入門してしまった方も多いのでは・・・。

もちろん、人それぞれの感じ方、想いは、千差万別。
私の場合、後先考えず、この世界に飛び込んで、振り返れば50年以上。長いようで、短いようで・・・あっという間の出来事だったが、ここに、こうして、次に来た波に乗れるのは、決してまぐれではない。
周りの協力を取り付け、情報収集のもと、周到な準備。もちろん自然条件の恵みが、うまくバランスしないと叶わない。
私も、いまだ、サーフィンやら、社会での立ち振る舞いに、”もっと早くやってればよかった”!と、思う時が有る。
だから、やれる時が、その人にとっての、ベストな出会い、ではないだろうか。

kooks20170203.jpg
photo:yaguchi_ryo



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/955