ローカリゼーション

2016年09月29日

長く感じた、カビが生えそうだった長雨から一転、むしむしの30度越え天気。

マッ、気象なんてそんなもの、人間様の勝手な希望なんて、無視ーッ!!!!、と、思えば、良い事もある。

外へも出ず、思い出の品々の整理をするには絶好の天気と、無理矢理考えたのである。
出てくるは出てくるは~、懐かしい写真に、懐かしい顔。アルバム整理に火が付き、作業は終わらなくなってきた。
冷蔵庫の買い置きビールに手を伸ばし、スイッチバッチーン、はじまりはじまり、もはや身辺整理の域に達してきたのだ。

本人が消えた後、いかがわしい写真が出てきたり、秘密な交友関係が発覚したり、と、巷では、よく聞く話だが、俺のフェミニズでは絶対許されないこと。

一番気持ちのいい時期に、こんな天候にストレスがかかるかと思いきや、アマゾンにお願いしていた、ポスターの整理ボックスが届いたり、久米仙の43度がとどいたりと、絶好の内勤、すなわち、整理整頓の環境が揃ったのである。

そんな中、いつも、ご無礼しているメールをチェックしたり、友人にくだらなく無駄なメールを投げたりと、結構、暇つぶし出来る事を発見、こーなると止まらないのが、私の性分。ホコリに咳き込みながら、時の立つのも忘れ、43度のホロ酔いも手伝い、平積みの写真の整理に没頭。

おー懐かしいの~、一人で、しゃべりながら(完璧老人の域)証拠も同時に丸めて処分、大変良い機会じゃの~。

don't look backは座右の名なのだが、一息付いて振り返るのも、良いかも、と、思えてきた。
どーせ、一息ついた後、又やりたい事が出てきて、結局完璧な身辺整理なんて出来っこ無い、そー断言できる、心境の中(都合の良い解釈)何時飽きるともなく、整理はつづく。

楽しくない思い出もあるけど、やはり、楽しい思いのほうが良い。でも、その時、大変だった事の方が、振り返ると楽しかったり、とか、この手の整理は、頻繁に作業の手が止まる事が多い。

90年代ロングのルネッサンスが世界的に始まる前、ティーム・デガワ・インターナショナル(TDI)を結成してサンタクルーズのコンテストにティーム参加したりした。
kooks20160929-1.jpg
そのファンダーが写真のジロー。
kooks20160929-2.jpg
サンノゼがITの街として騒がれ始めた頃に、既に現地で働き、週末はサンタクルーズでサーフィン、そんな彼が探してきたのがロングのティームコンテスト。
地元鎌倉のサーファーを連れて行ったり、当時ロングのムーブメントを造ったプロ連中を連れて行ったりと、中心的な役割を買って出てくれた。(僕にインターネットの概念を教えてくれた人)
kooks20160929-3.jpg


一息ついてメールチェック、そんな彼からのメッセージが入っていた。サイト、リニューアルしたからチェックして~。
さすが、プロのテクニカルライター。(使い捨て100円ライターとは違う)”ローカリゼーション”概念の提案である。

サーファーがよく口にするローカル!、ローカル!を、グロバリゼーションの先端をいくITのディレクションに当てはめるところは、流石!
地元ローカルとビジターのもめ話はよく耳にするが、この方にコンサル受けるのも良いかもですね。
www.hanaue.net/



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/951