エネルギー

2013年08月08日

以前、熊本の友人に、誘われた、サーフィン。市内から阿蘇を越え、高千穂を抜けて、日向で波乗り、という、鎌倉育ちには、とうてい、考えられない行程、そこまでして、サーフィンがしたいのか?!あらためて、彼らのエネルギーにビックリしたのだ。

長時間のドライブではあったが、道中の景色に圧巻!今度はゆっくり、この辺りを散策したいな~、と、思っていた。

そんなおもいが、神様に通じたのか、かみさんに通じたのか、かなったのである♪。


今回の宿は、”阿蘇プラザホテル”、オーナーの稲吉さんは、昨年の、豪雨でホテル一階が浸水を受け、復旧の様子を FBアップされていて、いいね!応援がきっかけで、今回お邪魔する事になった。


このホテルは、先代が美術品のコレクター、と、やはり熊本の金子さんから聞かされており、楽しみにしていた。ガレのランプシェードに始まり、ミューシャ、魯山人、柿右衛門、古伊万里、東山かい、千住宏、平山郁夫、、、、、!失礼ですけど、本物ですか~、聞いてしまった。

ちょっとした美術館でも、ここまで揃っているところは、見た事も無い、さながら、ここは宿泊出来る美術館!

さらに、敷地内にはパワーストーンが。雄大な阿蘇をバックに、心集中してスプーン曲げにトライ、左右の指先が瞬間火照ったと思ったら、グニャリと!なんだか、凄いところに来てしまった。

阿蘇の火口のでかいスケールに、これ又ビックリ。阿蘇神社を皮切りに、神社巡り、派手な煌びやかさは無いが(こちらの方が好き)荘厳で張りつめた空気感に背筋が伸びる。その周りを阿蘇の清らかな水が流れる、手を入れ、火照った首にあてる、ひや~、気持ちいいのである。


もちろん小生、水気が無いと生きて行けない。そこで滝に打たれて、潤いをとり、そこかしこにある温泉でエネルギー補給。


つでに、体内の方にも補給!焼酎様をお湯割りで、冷えたトマトを丸かじり、暑いときはこれが一番。そー言えば、良い水が、かしこに、川沿いには、有名な酒造蔵が並ぶ、これに又、興奮!

これ以上ここに居ると、調子全開になりそうだったので、早々に引き上げたが、、、、、、

海もエネルギーがあるが、山は動かない分、荘厳だ。


周囲200キロに及ぶ、カルデラ、これが、噴火で吹っ飛んで、出来たと思うと、気が遠くなると同時に、小生の営みの、ちっこさを改めて、感じた、旅であった。

ちっこさ具体書き
    海が無いとだめだとか
    波が無いとだめだとか
    今日は人が多いとか
    風が悪いとか
    ダンパーだとか
    ほれて、ないとか          
    水が冷たいだとか        などなど、、、、、、、、、、、



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/919