一丁目一番地

2008年02月26日

080226-19.jpg

以前もkooksで紹介した、七里が浜界隈の様変わり。
情報誌には四季を通じて紹介されることが多くなった鎌倉。
昔からここで生活している人にとっては、どーでも無いことが、取り上げられている。中でも食に関しては、一番コンテンツになりやすいのか、やたらと多い。
えっ!あんな店がと、ローカルさんたちも遠慮していた食事何処が、鎌倉らしいとか、わけのわからないコピーに乗って、結構な繁盛をしてたり。かつては、ど庶民のタンパク質として、食卓に並んだ、あじ、しらす、この時期とれる、わかめ、など、休日ともなると、店の前は行列ができる。

経済効果としては歓迎するのだが・・・しらすと言うだけで、いけちゃうんだったら、オラもやるべかな?。なんて皆考えちゃうのも無理はない、あいも変わらず、マスメディア恐るべしである。こんな鎌倉、かつては、こけそうになった江の電も今では、134号線沿いに海を見ながら走る、ローカル線として観光の目玉。又都内へ通勤するレジデントの足としても、大活躍なのである。

こんな観光な町の認識は、神社仏閣をはみ出して、ここ七里が浜界隈まで及んでいる。歴史的象徴があるわけではないが、景色が良いのがとりえ?目の前に広がる海は、冬でも天気さえ良ければ、なかなかのべっぴんさん。ちょこっと波があろうものなら、ウィークデーでもサーファーが多い。皆仕事はどーなってるんだろーなんて、疑問は愚問。波さえあれば休日、コンビニの棚から、食い物がすべて消えてしまう。すげっー!オラもコンビ二やんべーか?、てな感じの七里ケ浜である。

そんな一丁目一番地にこつ然と現れた、何とも近代的建物は、全面の商業施設と住居エリアを併せ持つ、おしゃれな建物。kooks君もこの3月からこの施設の一部に、新入生として入学することが決まった。学問の専攻は何ですか、との質問に、ハーイ、サーフィンですと、大きな声で答えてくれた。いやたのもしやkooks君頑張って勉学に励んでください。

080226-13.jpg


クリックよろしく!!

banner_02.gif  surfing80_15.gif



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/513