つぶやき

2016年08月23日

よく聞かれるのは、ボード一本削るのに、どのくらい時間かかるの?

まっ、それが、どーいう質問の意味なのかは、わかるが・・・

フォームにテンプレートを置いて、長さ、最大幅、ノーズエリアの幅、テールエリアの幅、テールの形などを決めて線を引き、のこぎりでカットして、凸凹を修正して、アウトライン完成。

次は、ボトムから、プレーナーをかけ厚みの調整をしながら、ロッカーの強弱をあわせて行う。
IMG_3208.JPG

ボトムの荒削りが済んだら、デッキ面を上にして、角度をつけ、程よい、薄さにプレーナーワーでレイルを形成・・・ここまでで、だいたい1時間。
IMG_3210.JPG

仕上げのペーパーワークに1時間、チェックしながらディティールの調整、ペーパーワークが3〜40分、合計2時間30~3時間ぐらいかな~、て、答える。
IMG_2955.JPG


そーすると皆一応に、そーですか、大変ですね、と返ってくる。

どんなボードのコンセプトにするとか、長さと幅のバランスをどーするか、ロッカーラインと厚みのバランスを、どーしようか、ボード一本製作に当たり、作業より頭で設計図を造る事の方がはるかに長い時間を要するのだけど。
IMG_1746.JPG
イメージ作りってーやつですね。
これが決まると作業工程に、何ら迷い無く入り込めるんだけど・・・
IMG_2822.JPG


これに依頼主の技量、体力、はもちろん、性格までも加味。
この性格って、ボード作りには重要なファクターだと思っている。

サーフィンはオープンマインドの遊び、不安定なボードの上で、腹這いになり、今まで使ったこの無い筋肉を駆使して、真剣、本気モード、だから自分が、さらけ出ちゃう(笑 特に初心者はね)
チョコチョコっと小器用にまとめる奴もいれば、時間はかかるけど、コツコツチャレンジ型とか、度胸があったり、慎重だったり、依頼主も千差万別。
シェープを始めた当初は自分のことしか、考えられなかったけど、ようやく、その人がどんな、ヘルプを必要としているか、わかる様になった。

人とコミュニュケーションが取れる様になり(遅せーよ!)依頼主のバックグラウンドまで、シェープに加味する。

そーなんだよ、ボード1本削るのに、ヒヤリングからし始めると、すごく時間がかかる。
シェープは、こーした、イメージの具現化だから、作業自体、創造的で面白く、飲まず食わず、4時間ぐらい、集中していても、ストレスを伴う疲れは無い(御依頼主様に感謝!)
まっ、今度から、この手の質問には、長々と答えることにしよーっ、話が長い奴だと、思われようがね・・・。

お盆やなんやで、人と会う事が多く、シェープという創造的、作業が出来ない事の方が、最近ストレスかも~~~~



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/949