マスクマン

2008年04月20日

080420-2.jpg

シェープルームの環境はけしていいものではない。
でも、サーフボードを削る喜びを知ってしまった者に、これほど楽しい事はないのだ。テールの幅をちょいと広げるだけで、スピードが出たり、テールロッカーを少し増すだけで、コントロールがスムーズになったり、複雑な組み合わせのパズルが上手くいった時は、シェーパー冥利につきるのである。シェープしてサーフィンして、それをまたフィードバックして・・・だからシェーパーは二度サーフィンを楽しむ事が出来るのだ。

その反面ホコリだらけの部屋で、集中しなければならない。夏の暑い時は特に大変だ、滴り落ちる汗で、紙の防塵マスクはグショグショ。そこに削ったフォームがこびりつき、呼吸困難に陥ってしまう。やだな?とは言えない夏の一番忙しいとき、なんとか快適にシェープに専念出来ないものか、そんなシェーパーの悩みに強力な助っ人が登場だ。

080420-1.jpg

世界的シェアーを誇る我が国のマスクメーカー、”コウケン”(サーフボードメーカーが必ずお世話になっている)の新しい試み、小型モーターによる、吸引を強制的にヘルプしてくれるマスク登場で、今年の夏は快適に創作活動に専念出来そうだ。


クリックよろしく!!

banner_02.gif  surfing80_15.gif



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/541