Kooksとは?



というわけで、シェープルームから出て来て皆様にまずはご説明を。

ブログのタイトル『KOOKS』って、何ですか?
何て読むの?クックス??そう思った人いるはずです。(正解はクークス)

ハハン。コレは、サーファーが使う言葉、日の丸サーファーには英語なので、なじみないですが。あちらではよく使います。スラングとでも言いましょうか、サーフィン覚えたての初心者をさします。

パドルもおぼつかず、インサイドのブレークのおいしいあたりに漂い上手な(自称)サーファーのお怒りかってしまう人たち。又サーフィンのルールなんぞおかまいなしに、前乗りはするは、来た波全部いただきモードの人までもさしてしまいます。

そのイメージの良くない言葉を、あえて、サイトの家紋に使うぞと発表!その時の皆様の反応、想像どーり全員否定の態度。唯一いいじゃんと言ったのは、近所に暮らす、私の大先生、80年代から僕の足りない脳みそを補助してくれている人。70年代にはサンタモニカで、サーフショップ店長をしてた、語学力抜群のカリフォルニア通だ。(いずれこのお方にはサイトに登場願うとして)KOOKSいいじゃん、ハッハッハッと来ました。

みんな始めはKOOKではないか、そうか思い出した、僕も43年前は立派なKOOK野郎だった。ヘッピリ腰に、ボードが空高く舞うパーリングが得意技でした。(笑)まっ、最近は少しサーファーのクールさは何ぞや、分かったつもりでいるけど・・・。

レジェンドの方も、プロの方も、プラウディーなローカルさんも。サーフィン始めたら楽しくてはまっちゃった人、ちょっと方向性が分からなくなっちゃった人、サーフトリップで最高の波に出会った人、最近かみさんがうるさくて海に行かれない人、ボーイフレンドが頼りにならねー、息子がサーフィンばかりで勉強しないで困っている、みたいな人とストレートに話し合えるサイトになったら面白いかなと立ち上げました。カリスマサーファーの武勇伝はよく耳にしますが、誰でも最初は初心者ですからね。

絶対あったはずです、今だから言える失敗談。