出前イッチョー

2007年06月27日

昨日、ブログに書いた、善家先生の写真発見!
申しました通りのスナップでした。

1img332.jpg

車は、絶対このポジションに駐車。間違いなく善家先生のお車、ホンダのアコードです。ランチタイムだったのでしょう、例の中華屋の出前をやってます。これは定番の中華丼ですね、裸足でT?シャツのいでたち、体には全身フォームの粉が付いてます。まさしくシェープルームから出て来たお姿、思わず懐かしくなってしまいました。

1img331.jpg


私には無いシェープセンスの持ち主で、一つのディティールをとことん突き詰めるタイプ。同じアウトラインで、厚みを変えたり、レールのテーパー具合を試したり、きちっとデータを残して管理してました。良い意味マイペースで、周りの雑音に感化されない頑固なパーソナリティーは、サーフィンにおいても一度スイッチが入ると、手がつけられない。大会で彼に当たった奴は、苦い経験を強いられたはずだ。

勝負強さは、ズバ抜けていた。
精神力の強さというか、試合タクティスの上手さは、彼の全盛期、右に出る者はいなかった。後で知ったが、無類の囲碁好きであった事が、こうした駆け引きの強さだったのかもしれない。一度彼の家に行った時、戸棚に鎮座していた囲碁の台を見せてくれた。私にはチンプンカンプン、白黒の碁石が並べられてあった碁盤。暇を見ては、次の手を練っていたようだ。
又彼は音楽好きでもあり、自身もギターを弾き、友達バンドでいつもパーティーの時、皆を楽しませてくれた。今日サーフィンメディアに取り上げられる事は無いが、忘れられた本物のサーファーである。


息子さんなら知っているという人もクリックよろしく!!

banner_02.gif  surfing80_15.gif



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.kooks.jp/bin/mt-tb.cgi/185

コメント

投稿者 いしぐろ : 2007年06月28日 00:14

出川さん、こんばんわ!

二枚目のお写真に写る善家誠氏の表情が4月3日のお題「73年のノースショア」に登場したジェームス・ジヨーンズのアップに何処と無く似ているのが妙に印象的です。

24日の日曜日(正面脇のコンクリにて)、ビーチクリーンを終えたビーバーさんにバハ・バッグのお話を伺っていると、辺りから賑やかな声が。?、と、振り返ると奥田新志氏が僕の横に腰掛けました。
江ノ島をバックにした奥田新志氏を見た瞬間、稲村ローカルのオーラをガ~ンと感じました。何も考えずに話し掛けてしまいましたが、奥田新志氏も「善家さん、凄かったよ~。」と鵠沼の方向を指差して教えて頂きました。(奥田さん、本当にありがとうございました!)

鎌倉における波乗りは文化であり歴史である共に全てにおいてもパイオニアだと僕は思います。

貴重なお写真、どうもありがとうございました。